白髪染めは自宅でも簡単にできるようになっていますし、意外と綺麗に染まるので美容院での白髪染めから自宅での白髪染めに変える人も増えています。

市販の白髪染めだけでも種類がありますが、通販専門で販売している白髪染めも含めたらどれを選べばいいか迷ってしまうほど種類も数も豊富になっています。

白髪染めの効果を優先したいなら、薬剤を混ぜて使うカラーリングタイプの白髪染めが一番綺麗に染まります。

ただしこのタイプは化学成分同士が反応し合って白髪に色をつけるので、白髪染め完全ガイドの比較表でも表示されているように髪や頭皮へのダメージが気になるところです。

くわえて白髪染め特有の刺激臭もあります。

敏感肌の人は使用後にかゆみや炎症を起こす事もあるので、事前のパッチテストは必ず行いましょう。

ダメージをあまり歓迎できない人は、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

これは髪の表面をコーティングして白髪を隠すタイプなので、髪や頭皮へのダメージは大幅に軽減されます。

ただしコーティング効果はあまり長持ちしないので、色持ちを良くしたい場合は毎日か1日おきの継続使用が必要です。

トリートメント成分が髪に栄養を与えるので、今までの白髪染めでのダメージが気になる人にもオススメです。

効果は少し劣りますが、継続使用なら綺麗な状態を維持出来ます。

若干コストがかかるのがデメリットかもしれません。

このように白髪染めの種類によっても効果は変わります。